開発技術紹介

長年培ってきたモノづくり技術の基礎をベースにCATIA 5/NX/HyperWorks/LS-DYNAを使用し、シート及びシート用サスペンションユニットの設計・強度解析を行ない、軽量・安全・安価で高品質を追及しています。

お客様要求仕様

設計

設計

お客様の要求にこたえられるよう、開発に取り組んでいます。

CAE解析

CAE解析ソフトを使用したシュミレーションにより、様々な事前評価が可能。

試作・試験のやり直しを無くし、開発コストの削減・開発期間の短縮に貢献します。

正面衝突時の動解析

正面衝突時の動解析

衝突による乗員の傷害程度やシートの変形破損の状況を評価して軽量化などに努めています。

ベルトアンカ強度静解析

ベルトアンカ強度静解析

ベルト入力でシート用サスペンションユニットやシートがどのように変形するかを評価し構造の合理化を図っています。

試作

出来るだけ量産工法に近い工法で試作し、プレス・溶接・組立て時の問題点確認や寸法精度の確認、外観評価などを行い、各種試験に供します。

ゲージ検討

ゲージ検討

ウレタンの形状にあわせ、デザイン性・作業性など様々な角度から最適な生地分割位置を検討します。

各種評価・試験

各種試験装置により、バネ上の振動特性や乗員の乗り心地評価、強度耐久試験等を実施しています。

多関節3次元測定

多関節3次元測定

完成シートの着座中心計測例

シート形状測定や部品単位での寸法精度確認などに活用しています。

振動試験

振動試験

共振周波数測定や各種耐久試験に活用しています

量産構造決定